過去の恋愛

バイト先で知り合って付き合いました

大学生の頃に、アルバイト先で知り合って付き合いました。彼女は5歳下の当時女子高生で、珍しいカフェテリア方式のファミレスの実験的な店舗で、私はフロアで、彼女はキッチンでした。そこでは、フロアもキッチンも休みの日にバイト仲間で遊びに行くほどみんな仲が良く、ありがちなフロアとキッチンのいざこざも無かったので、彼女と仲良くなるのも自然な流れでした。

 

大学生と女子高生ということでよく冷やかされましたが、私は彼女には早く高校を卒業して欲しかったほど、高校生が苦手でした。JKブランドには惹かれないどころか、高校生のグイグイ来る勢いが以前から苦手な為です。

 

彼女は高校生っぽくなく落ち着いていたので、一緒にいても全く違和感がありませんでした。別れたりまた戻ったりと約4年ほど付き合いました。私は大学を卒業して就職、彼女は大学生になって、2人共生活のリズムや価値観が変わってきたのでなんとなく合わなくなってしまって、別れました。

就職して乗り換えた

わたしはこれまで、4人の人とおつきあいをしてきましたが、その中でも印象に残っている恋愛が、社会人になってからつきあった人でした。
そのときには学生の時からつきあっている彼氏がいて、結婚してもよいのかなと考えることもありました。

 

しかし、社会人になって働き始めると学生の時と異なって、なかなか会うことができないようになってしまいました。学生の時には大学で毎日のように顔を合わせるのが当たり前だったのですが、社会人になると休みにしか顔を合わせることができなくなり、最初は平気だと思っていたのですが、それでも就職をしてから一緒に働いている仲間の方に自然と意識が移ってしまいました。一緒に難しいプロジェクトを成功させたときには、そこまでの過程を一緒にやることによって新しい人にひかれてしまい学生時代の彼氏とは別れることになりました。

 

環境が変わってしまうと、それまで抱いていた気持ちも大きく変化してしまうことを実感しました。

1つ前の恋愛を活かすこと

私の場合、振られたばかりの時は必ず相手が100%悪いと思うものですが、何年か時間を置いて考えると、50%やそれ以上は自分に非があるのです。自分の恋愛を振り返ると、「私はなんて我儘だったんだろう」「なんであんなにプライドが高かったんだろう」と反省することばかりです。もう昔の恋人にごめんなさいは言えないので、代わりに今お付き合いしている人にはうんと優しくしようと意識して、また別のところで失敗して…そうやって6名の方とお付き合いし、最後の1人と結婚しました。

 

1つ前の恋愛を活かすことは難しいです。自分の中の問題点が見つかるのに、長い時間がかかるからです。さらに私は頑固で、悲しい思いをすると意地になって、どうしても自分の非を認めたくなくなるからです。それでも
私の悪い面に気付かせてくれた元恋人たちの屍を乗り越えて、次の恋愛に活かすことでしかその悲しさは浄化できませんでした。
大学2年生の時、そのことに気付いてからは波乱万丈な恋愛より、穏やかで暖かい恋愛をすることが多くなりました。